ヴァイオリンが他の楽器よりも難しいとされる理由とは

2021/08/28 コラム

なぜヴァイオリンは他の楽器よりも難しいとされているのでしょうか。
難しいと耳にしたことはあっても、理由までは分からない人も多いですよね。
そこでヴァイオリンが難しいと言われる理由を簡単に解説しますので、ぜひご覧ください。

▼ヴァイオリンが他の楽器よりも難しい理由
他の楽器よりもヴァイオリンが難しいとされるのは、以下のような理由からです。

・音程を取るのが難しい
・チューニングに技術が必要
・正しい音を理解しなくてはならない
・細かい音符が多い

もちろん、技術が求められるのは他の楽器も一緒です。
それでもヴァイオリンは難易度が高い楽器であるとされています。

上達を考えるなら、なるべく若いうちからヴァイオリンを始めるのがおすすめです。
しかし大人になってからヴァイオリンを始める人も少なくはありません。
覚えるのに時間が掛かったとしても、好きな楽器に触れられるのは楽しいものです。
適切な指導を受ければ、大人になってから勉強を始めることも出来ます。
「難しいから」と悩まずに、ぜひヴァイオリンを始めてみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
プロになりたいと考えているなら、子供のうちに始めるのが理想です。
しかし大人になってから好きな楽器を楽しむのも、とても素敵なことですよね。
「どるちえ音楽教室」では、初心者から上級者までを対象にヴァイオリンの指導を行っております。
ヴァイオリンを習いたい・ヴァイオリンを子供に習わせたいとお考えでしたら、1度ご相談ください。